今まで24時間密着していた娘が、とうとう学校へ行くことになりました。

嬉しいような寂しいような、そして楽しく過ごせるのかという不安もいっぱい。

同じ年に生まれた子供をもつママ友達も、数年前から会うたびに盛り上がる会話は学校のことばかり。

日本人にとってイギリスの教育システムは非常にわかり難く、何人もの知識を持ち寄ってやっと一人前の常識にたどり着くという感じでした。

スポンサーリンク

イギリスの小学校は始まるのが早い!!

イギリスの義務教育は5歳になった後の9月からイヤー1として始まります。この時点で日本より約1年半く始まるということになります。

しかしここでは、義務教育ではないものの「レセプションクラス(準備クラス)」がさらにその一年前の9月から始まるのです。

4歳になった後の9月からということになりますね。

このレセプションクラスは、イヤー以降とほぼ同じ時間を学校で過ごすことになります。学校給食も始まり、本格的な学校生活が始まったと実感するのもこのレセプションからになるのではと思います。

まだまだクラスにオモチャが置いてあったり、自由に遊べる時間が多いようですが、フォニックスというアルファベットの発音の練習など、お勉強も始まっていきます。

学校によって違うこともありますが、だいたいレセプションではこの程度の「お勉強」になるかなと思います。

イヤー1では、だんだんとお勉強の時間が増えてきます。

日本ではまだ幼稚園児なのにと思いますが、国語(英語)の他に、算数も入ってきます。もちろん成績表ももらうことになります。

地域によって、更には学校によって、授業の進み方や宿題の量、学校の雰囲気がガラリと変わってしまうのがイギリスの学校の大きな特徴ではないでしょうか。

レセプション開始の1~2年前から引っ越しラッシュが始まる意味

日本でも最近では良いエリア、悪いエリアがもしかしたらあるのかもしれませんが・・・イギリスではやはりこの差が顕著に出てきます。

親なら誰しも良い学校へ行かせたい。

どこの国の親も同じです。

特に日本人、外国人の親は、世界に羽ばたける仕事をして欲しいとか視野が他の人より広い人も多いですし、人種差別やいじめを心配する人も多いのは確かです。

さて、どうすれば良い学校に行かせることができるのか。

それはまず念入りにリサーチし、良い学校を選びます。

その次にその学校に入るための条件を満たすことです。

中でも一番手っ取り早いのは、その学校のキャッチメントエリア(学区内)に住むことなのです。

学区外からでも行けないことはないのですが、良い学校ほど希望者が多く、優先順位が下になってしまう学区外の希望者までまわらないというのが現状です。

キャッチメントエリアの中では、直線距離が近いほど優先順位が上になったりします。

どれだけ学校の近くの良い家(自分たちに合った価格・広さの家)を選ぶことができるか。

親は必死になって家探しを始めることになるのです。

入学の優先順位に関しては、他にもたくさんありますので、家が近ければ全員入れるという訳でもないのですが、同じ条件であれば遠い人より優先順位は上になるということです。

例えば、

既に兄・姉がその学校に通っている

その子供は養子として迎えられた子供である

このような子は、他の子より優先順位はかなり上になります。

レセプションで行きたい学校に入れることの意味

先ほど、レセプションは義務教育ではないと説明しましたが、ほぼ全員義務教育と同じ感覚で通わせていると思われます。

レセプションで行きたい学校で受け入れてもらえれば、そのまま続けてその学校に通えることになるのです。

学校によってはナーサリー(レセプションの前の年)が併設されているところもありますが、ナーサリーに入れたからといって必ずしもそこの学校に通えるという確証はありません。

スクールに併設されているナーサリーは、スクールの時間(約9時~3時)以上に預かることはほとんどないので、フルタイムママの子たちは、ナーサリーが併設されていたとしても、フルタイムで預かってくれるプライベートナーサリーに預けている人がほとんどです。

もし行きたい学校に行かせるなら、レセプションから通わせるというのが常識になっているようです。

イギリスの教育システム

地域によって違う可能性がありますが、私が住んでいる地域とその周辺について説明します。

0歳から2歳未満・・・プライベートナーサリーに預けることができるが補助はありません。

2歳からレセプション前まで・・・収入によっては20時間を上限に補助がでます。(低収入の人のみ)

4歳からレセプション前まで・・・全ての人に20時間を上限に補助がでます。

レセプション開始からイヤー1前まで・・・約9時から3時まで(学校によります)無料です。

イヤー1から16歳の学年までが義務教育(イヤーのカウントは学校によってい違います)

良い学校を探すには

一番に言われているのは、ウェブサイトで公開しているOfstedでレポートを確認することです。

ここで学校の質のランクを確認できます。

次に重要なのは、地元情報。

現在子供が通っているママさんたち、過去に通っていたママさんたちに聞くのが一番です。

そしてもう一つ重要なのは、その学校につながっているハイスクールを確認すること。

最初の学校が良い学校でも、フィーダー校と呼ばれるそこからつながって進むハイスクールが悪かったら意味がありません。

効率的には、最初にハイスクールを選び、そこからつながってきているいくつかの小学校から選ぶ、ということになります。

 

びっくりしますよね。

さっきまで赤ちゃんだった子供のハイスクール選びですよ!!!

考えられませんね・・・・。

最後に

今回はかなりざっくりとした説明になってしまいましたが、また詳しく記事にしたいと思います。

子供のために奔走するのは親として当たり前のことなのかもしれませんが、慣れない国での学校探し、本当に大変ですよね。

私は幸か不幸か郊外の田舎に住んでおりまして、学校は選ぶほどありませんでした。

更に、ラッキーなことに、たった一つしかないハイスクールは割と評判の良い学校だったので、もうそのまますんなり行かせられれば言うことなしです。

良い学校=良い地域=家が高い

これが一番大変ですが、子供ため!!頑張りましょう!!

スポンサーリンク