イギリスに住んでから、身近に寄付金を募るイベントやボランティア募集などのお知らせをよく目にするようになりました。

日本ではあまり馴染みのなかったボランティア活動ですが、特に仕事をしてない現在、ローカルイベントに参加したいという気持ちが芽生え、積極的にボランティア参加をしようと心がけてます。

スポンサーリンク

地域の図書館を救う

最近カウンシルからの助成金がカットされたために屋根の修繕費が足りなくなり、修繕のために図書館を閉鎖する期間が何カ月も延びてしまうらしいという噂が耳に入ってきました。

うちも子供が小さいので度々利用していた図書館ですが、最近閉鎖になっているので改装でもしてるのかなと思っていました。

どうやら屋根の修繕費が足りなくなり、次の助成金を受けるまで払うことができず、閉鎖状態が続くかもしれないとのこと。

そこで一人が立ち上げり、寄付金を募るためのイベントを開催しよう!ということになったらしいです。

図書館入口に貼ってあるチラシでイベント告知とボランティア募集

週に何度も図書館の前を通り、スーパーに歩いて行っています。

小さいビレッジなので徒歩で移動です。

そこで図書館の入口のチラシを発見。

「これは参加せねば!」と携帯で写真を撮り帰宅しました。

イベント内容

土曜日に主催するファイミリーイベント。

子供と一緒に参加して楽しめる内容で、フェイスペイント、ボトルトンブラ、ビンゴなどがあり、ケーキやスイーツの販売もします。

*ボトルトンブラとは、景品がボトル物(ジュース、お酒類、シャンプー、化粧品など)のくじ引きです。

ボランティア募集内容

  • 受付や会場スタッフ
  • ボトル物の寄付
  • ビンゴの景品の寄付
  • 販売用の手作りケーキ(ベイキングのものなら何でも)の寄付

私ができること

実は私の夫は土曜日は仕事があり、子供を置いて出かけることはできません。

そのため、受付や会場スタッフとして参加するのは無理そうでした。

なので、ボトルや景品と当日販売するケーキを寄付することにしました。

準備したもの

ボトル類の収集

  • スーパーで特売のジュース類をゲット(子供用に小さめ常温販売の紙パックジュースにしました)
  • 先月の学校のイベントでのボトルトンブラの景品(肌に合わなそうな化粧品だったので未開封)
  • 夫の実家にあった食器用洗剤を一つ拝借(コストコで大量購入)

ビンゴ景品の収集

  • 未開封のいただきもの(肌に合わなそうなハンドクリームやダブってしまった子供のおもちゃなど)
  • スーパーで特売のタオル類

ケーキの準備

  • 外で販売するため、生クリーム不要のマフィンとスコーンの材料準備

イベント当日

ボランティアスタッフとして参加する場合は事前に連絡するようになってましたが、その他は当日の朝持参となってたので準備したものを持っていきました。

イベントスタートの30分前だったので、そのまま子供とスーパーに行ったりして時間をつぶし、イベント開始後に二人で参加できました。

このイベントで貢献できた金額

景品とケーキ材料でかかった金額はたいしたことなく、だいたい£8程度。

子供と一緒にゲームやビンゴに参加し、ケーキを買って帰ったので、イベント参加には£10程度使ってきました。

(危うく寄付したケーキを買いそうになりましたが笑)

最後に募金箱に£3を入れて帰宅。

久しぶりのベイキングも楽しかったし、半日子供と一緒に楽しめて満足なイベントでした。

最終的にいくら集まったかはまた後日報告してくれるそうです。

まとめ

今回はスタッフとしてのボランティアじゃなかったので知り合いが増えることはなかったですが、子供と楽しめるイベントとしては十分でしたし、小さい頃からボランティアの心を養うきっかけとしては子供にとってもとても良い機会だと思います。

お金の寄付を募るだけでなく参加者を楽しませようとする企画は素晴らしいですね。

もっとベイキングが上手になりたいと思った一日でした!

スポンサーリンク