イギリスでも産前産後のケア用品はたくさんあり、スーパーや薬局(Bootsなど)で揃えることができます。

しかし、日本で当たり前のものがここイギリスでは買うことができなかったり、あって助かった!と思う日本の製品がいくつもありましたのでここで紹介したいと思います。

スポンサーリンク

あって良かった!おススメ産前産後に使用した日本の物

産褥パッド おススメ度 ★★★★★

一番声を大にしておススメしたいのがこの日本の「産褥パッド」です!!

こちらでも産褥パッド(Matanity Pad)は一応売っていて買うこともできますが、大きさが全然違います。普通の生理用品の大きめナイト用みたいな感じなので心もとないです。しかし日本の西松屋や赤ちゃん本舗で買える産褥パッドはしっかりとした大きさと吸収力で、本当に安心して眠れる大きさなのです。

私は追加で送ってもらったりしてました。友達から余ったのを譲ってもらう人もいたほどです。

ガーゼハンカチ おススメ度 ★★★★★

これは今でも必須用品です。日本に帰国するたびに買っています。

赤ちゃんが生まれたら、お風呂の体洗いや鼻水・よだれを拭くのにこのガーゼハンカチが一番良いです。

タオルハンカチだと肌が荒れてしまうし、普通のハンカチは吸収力に欠けるので、この適度の柔らかさと吸収力が最高です。

娘は今でもポケットに毎日入れて通学しています。

 

鼻や耳のお掃除に重宝する赤ちゃん綿棒ですが、こちらでは特に「赤ちゃん用」の綿棒というのは見つかりませんでした。

大人用の普通サイズの綿棒ならば一応はあるのですが、綿先の部分が大きくボサボサしててキュッと引き締まってないので、大人でも使い難い・・・。これは赤ちゃんに使用できるとは思えない代物です。

私がいまだに娘(5歳)に使用している一つがこの赤ちゃん綿棒。片方は普通の綿棒でもう片方が粘着タイプになっているものです。

目に見えてる耳垢をペタッと粘着側にくっつけて取るのにすごく便利なのでおススメです。

 赤ちゃんちゃん用の爪切り おススメ度 ★★★★☆

やっぱり刃物系は日本が一番です!

ここイギリスで赤ちゃん出産ケアセットみたいなものを買い、その中に赤ちゃん用の爪切りは入っていたのですが、どうも使いにくく切れ味もイマイチ。安いものじゃないはずなのにがっくりでした。

日本製の赤ちゃん爪切りにしてからは、切れ味もいいし非常に使いやすい!

今でも娘の爪切りに使用してる現役です。

引っ掻き防止用の赤ちゃん手袋 おススメ度 ★★★☆☆

イギリスにも売っているのですが、なぜかイギリスの物は小さめサイズが多く手のひらギリギリ隠れるくらいの大きさで、手首にゴムも入っていないしすぐに取れてしまうので全然使えませんでした。寒い国だからか生地の厚めのものばかりでちょっと暑そうだなという印象です。

日本のものは、手首のちょっと下まですっぽり入るタイプで取れにくいです。ゆるくゴムが入っているのでさらに取れにくくなっています。薄くて柔らかいコットン生地のものが多くて、中が蒸れにくく気持ちよさそうな感じです。

あまり引っ搔かない子には必要ないですね!

赤ちゃんの鼻水吸引器 おススメ度 ★★★☆☆

鼻水吸引器なるものはイギリスでは売っていません。GPに言うと止めろと言われる可能性大です。

もしやらずに済むのならやらないに越したことないのですが、赤ちゃんってすぐに鼻が詰まってしまって、息苦しそうに寝れない姿を見ると何もせずに見てることなんてできませんでした。

これがうまくいくとスッキリ鼻水が吸い取れ、赤ちゃんもスースーと寝てくれます。

使う時期は短いので、電動などはいらないと思います。

授乳用の服 おススメ度 ★★★☆☆

日本の授乳用の服は可愛いです!!

授乳しやすいように隠れジップで胸元を開けられるものが多いのですが、普通に着てるとジップも全然見えなくて普段着と変わらない可愛いものがいっぱい。私もトップを数枚買っておいて重宝しました。

こちらの人たちは、胸元が広くなっているタンクトップなどを着ていて、授乳時にベロンと下に下げるだけみたいな人が多いです。特に授乳用の服という意識はあまりなさそうです。(マタニティーウェアーコーナーに一応授乳用の服は売っていますが)

こっちの服で全然OKという人には必要ないですね!

トコちゃんベルト おススメ度 ★★★☆☆

私はこれがなかったら股関節痛とお腹のハリがひどくて大変でした。妊娠初期から使えるのですが、私は中期ぐらいに送ってもらい使い始めました。股関節の痛み(特に就寝時)がひどくなってきて、ネットで調べていたらトコちゃんベルトにたどり着き購入しました。ちょっと高かったですが頑張って買って送ってもらいました。

骨盤をしっかり支えてくれるので股関節の痛みはすぐに改善し、赤ちゃんが下がり過ぎないように支えてくれる役目もあるのでお腹のハリも良くなりました。

産後はこのトコちゃんベルトがあったので産後の骨盤ガードルは必要ありませんでした。妊娠中のお腹のハリ防止から産後の体形戻しまでこれ一つでOK。かなり重宝しました。

トコちゃんベルトでなくても、このタイプの腹帯はいろいろあるので要チェックです!

張り切って準備したけど実はいらなかった日本の物

いろいろサーチしてネットで買って両親に送ってもらって・・・頑張って準備したものの、あとから「これはなくても全然良かったなぁ」というものもいくつかあります。

腹帯(縁起物なので大切に保管しています)

神社で祈祷してもらった腹帯は、縁起物なのでちゃんと巻いてみましたが、やっぱり毎日使用するほど便利の良いものではなく、箱に戻して安産祈願に飾ってありました。今でも大事にしてます。

日本のと少し形は違いますが、一応腹帯はここでもいろいろあって買うことができます。

私はトコちゃんベルト一本で済んでしまったので、腹帯は特に買わずに終わりました。

おくるみ

日本でよく見かけるおくるみ、可愛いので2枚も買ったのですが全く使う機会はありませんでした。

夏生まれだったというのもありますが。

スノースーツみたいなオーバーオールタイプの方が、そのままチャイルドシートに乗せてシートベルトが着用できるので便利だと思います。

新生児服

日本での赤ちゃん服は、「短肌着」「長肌着」「コンビ肌着」「カバーオール」などいろいろな種類があるようです。前開きで生地も気持ちよさそうだなと思って数枚買っておきましたが、実は全然使いませんでした。

イギリスでも前開きで「ベスト」と呼ばれる赤ちゃん服は売っています。

そしてイギリスの物の方がポップで可愛い柄がたくさんあります。(日本は白が基本のようですが)

少し首がしっかりしてきたら、すぽっと着せてしまうかぶりタイプ(前開きではないタイプ)の方が着替えが楽だったりするのですよ。寝ている間もお腹が出る心配もないし、オムツが取れるギリギリまで股でスナップ止めるタイプのベストをずっと愛用していました。

粉ミルクケース

三回分の粉ミルクを入れて持ち歩ける3段になっているあれです。

日本製品の方が使いやすくて良いのですが、一応Bootsなどでそれに近いものは売っています。使う時期はあまり長くないのでわざわざ日本から取り寄せなくてもイギリスの物で利用できると思います。

最後に

まだまだおススメ商品や不要だよという物はたくさんあるかと思いますが、今回は私の経験で選んでみました。参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク