※本記事はプロモーションを含みます。

私はイギリスで不妊治療をしながら最終的には体外受精で妊娠したのですが、普通妊娠の場合にはどのような流れになるのかを説明します。

Contents

スポンサーリンク

とその前に、GP(担当医)の登録はお済ですか?

特別な理由がない限りは、恐らくイギリス国営の医療サービスNHSにて出産までされるようになるかと思います。

しかしGP(担当医)登録をしていない場合は、まず先に登録しなければNHSでの受診もできません。

まずはGP登録をしておきましょう。

GP登録ができる人は、「6カ月以上の合法的なビザを持っている人」です。6カ月以下のビザの場合はGP登録ができないのでご注意を。

 

薬局で市販の妊娠検査薬を購入してチェック

妊娠したかな?と思ったならば、まずは妊娠検査薬で確認します。

GPの予約前がかなり先になってしまう場合は、予約日前にもう一度確認しておくといいと思います。

妊娠検査薬は大きなスーパーの薬局コーナーやBootsなどに必ず置いてあります。

1ポンドショップにも売っていたりしますが、信用度に欠けるので避けた方がいいと思います。

妊娠検査キットの中でもレビューも良く結果も正確だと言われているのがこのClearblueです。

何を買ったらいいかわからないならこちらがおススメ。

通常の妊娠検査キットより早い段階でも妊娠反応が確認できるというのがこのFirst Response。

Amazonでの評価も高いです。

GPの予約を入れましょう

GP登録されましたら次は予約を入れましょう。

予約時に、妊娠検査薬で妊娠反応が出た旨を説明します。

病気ではないので予約日が先になる可能性もありますが頑張って待ちましょう。

Pregnancy Packの入手

GP予約時や、GP受診時に案内があると思いますが、妊婦さんのための案内や書類をまとめたパックが用意されているので、そちらを入手します。

パックの呼び名や中身は地域によって多少違う可能性がありますが、だいたい以下のようなものが入っています。

  • 妊婦生活のアドバイスなどのパンフレット類
  • ミッドワイフ(助産婦)サービスの案内パンフレット
  • 夫婦の健康状態などを記入するフォーム
  • ミッドワイフ予約のためのフォーム
  • スクリーニング検査(スキャンでのダウン症の検査)の説明(スキャンでのダウン症の検査)
  • 出産前にダウン症等の検査を希望するかどうか記入する書類

フォームはなるべく早く記入して提出し、アドバイスなどのパンフレットは参考になることもたくさん書いてあるのでゆっくりと自宅で読むといいと思います。

GPで受診

予約日になったらGPに行きます。

そして妊娠検査薬で陽性反応がでたと報告します。

そして、はい、終了です(笑)

もし体調が悪いなど何か心配なことがあったらそこで相談しますが、特につわり以外に何もなければ「妊婦」として登録されます。

驚くことに、100%自己申告です!

なので、GPに行く前にもう一度検査しておくと少しは安心ですね・・・。

他にも妊娠中の生活や食べ物に関するアドバイスがあったり、葉酸タブレットを無料でもらえるバウチャーをくれたりします。

妊娠中は医療全てが無料となります。

通常は処方薬、眼科、歯科は有料のNHSですが、妊娠中に関しては全てが無料になるのです。

つわりが終わったら、妊娠中に歯科に行っておくといいですよ!

 

担当するミッドワイフから連絡がきます

ミッドワイフのフォームを提出したら、予約が取れた時点で日時の案内の電話連絡があります。

ミッドワイフはこれから産後の自宅訪問まで、同じ人がずっと担当することになります。

妊娠9週前後で最初のミッドワイフの検診です

身長、体重、脈拍、血液検査、それと以前にかかった病気などの質問を受けます。

身長と体重は結構テキトーな感じで、特に上着も靴も脱がずに行いました。

ここで初めて出産までの検診内容などをまとめるファイルを渡されます。

毎回持参して書類や検診での(体重やお腹の大きさなど)をその都度追加していき、出産するときに病院に提出することになります。

*出産後、そのファイルは戻ってきません。病院で管理(データとして残すのだと思います)されます。

私たちはそのことを知らず、手元になにも残らなかったので、もしキープしたい場合はコピーを取っておくか、戻してもらえるか事前に相談してみてください。強く希望して戻してもらった人もいます。

まとめ

簡単ではありますが、妊娠がわかった時点でやっておくべきことをまとめました。

その後は、特に問題がなければ12週と20週前後でスキャンがあり、ミッドワイフの検診は数週間に一度定期的に受診します。通常はミッドワイフはGPと同じ場所にいますので、検診はGPの診療所に行きます。

もし出血などトラブルが起きたら、ミッドワイフ、GP、A&Eにて診てもらいましょう。

 

 

スポンサーリンク